流氷が見られるのは北海道旅行の醍醐味

限られた期間限られた場所でしか見ることが出来ない特別なもの

北海道の冬といえば、冬の間ずっと雪が深々と降り積もり一面銀世界に覆われる、そんなイメージはありませんか?確かに北海道の冬に雪はつきものなのですが、流氷となるとちょっと話が違うようなのです。流氷とは海面を漂う氷の塊のことで、日本では唯一北海道でしか見ることが出来ません。北海道の海ならどこででも見られるかというと、それもまた違い、シベリアから流れつく流氷は、北海道の中でも東部のオホーツク海でしか見ることが出来ず、その時期も1月下旬から3月上旬頃までと限られた期間にしか見ることが出来ない貴重なものなのです。何故同じような寒さなのにオホーツク海では見ることが出来、日本海側では見ることが出来ないのかというと、簡単に言うと塩分の濃度に違いがあり、日本海では海水が凍る-1.8度になる前に春が訪れるため流氷が生まれないそうなのです。

流氷を見るための手段は

流氷を見るための手段はいくつかあり、一般的なのは流氷船に乗り流氷が漂う海を進む方法や、陸の上のビュースポットから流氷を眺めるといった方法があります。流氷船もいくつか種類があり、流氷をガリガリと割りながら進む迫力ある船や、小型のクルーザーで進みより間近で流氷を見ることが出来る船、氷の上に乗り船の重みで流氷を割る仕組みの船などがあります。陸上のビュースポットも数か所あり、それぞれ特徴的なスポットとなっています。他にも実際に自分の足で流氷の上に立つことが出来るツアーや、流氷の中に落ちる体験が出来るツアー、ヘリコプターに乗り空の上から流氷を眺めたり、熱気球に乗り流氷や雪が降り積もる大地を眺めるといったツアーもありますので、お好みに合わせてチョイスすることが出来ます。